2023年(癸卯年)はどんな年になるのだろう?

算命学

親愛なるみなさまへ

久留米の占い師 風がふく代です。



10月も残すところわずかになり、朝晩がかなり冷え込みます。



冷えが進まないように首のつくところを温めましょう。



首に手首、足首、ウエストのくびれ(ないけど)💧💧



特に足首は

レッグウォーマーをするだけでも体がぽかぽかしてきて元気になります。



体が冷えるとあまりよろしくないものが寄ってきますのでとってもキケンです。



さて、来年の話をしていきたいと思います。



来年は癸卯の年です。



ここ数年は水や泥水に悩ませられた感じはありますが、最後の水の年です。



今度の水は恵みの雨という意味があります。



癸が水で卯が草花なので、小さな芽が草花になり草花が育ち始める年になります。



小さな芽が成長し始める年と言えるでしょう。



だだ、この草花は小さいのですぐに枯れたり踏まれたりするとダメになる可能性があります。





こんな先行きが見えないご時世なので

この癸卯のエネルギーではまたまだ表に見える大きさではなく力も足りません。



どちらかといえばこの癸卯のエネルギーは、内側を整えたり人としての原点に立ち返り家族に目を向けるために使ってみましょう。



今、外の世界に目を向けると、戦争だのワクチンだのと振り回されて疲れてしまいます。



テレビをみると同じ方向に誘導され間違ってしまうかもしれません。



テレビを消して本当は自分は何がしたいのかを考えてみると良いのかもしれません。



のんびりと過ごす時間を作ってください。



癸卯は水生木(水→木)で

天から優しい雨が降ってきて

まだ生まれたばかりの小さな芽(草花)を優しく潤してくれます。




小さな芽は赤ちゃんと一緒で少しづつ育てていく必要があります。





この世界の流れ、特にコロナ禍になって色々と考えさせられ見えてきたものも沢山あります。




ますますこの流れは加速して静かに目覚めていく人が来年はもっと増えてくるでしょう。



世の中と戦おうとしても強大な権力には叶うわけもないし、それより一人ひとりが静かに着実に周りを整えていくほうが最終的には大きな力になっていくと信じています。



十干最後の年でもありますので色々と反省もしながら一連の流れに静かに終止符を打つ年になってもらいたいと思っています。



まとめます。

癸卯の年は陰陽では陰の年になります。



陰の年は内側に目を向ける、家族や仲間を大切にするということを意識して行きましょう♡



素敵な一年にしていきましょう♡




おまけの情報

私は木性がないのでハッカオイルで

植物のエネルギーをチャージしながらお仕事をしています。

 

 


 丙の私は木生火(木→火)でパワーチャージ出来ます♡



来年の運勢のについては

こちらを参照しました。ダウンダウンダウン

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました