貫索星の性格

算命学
みなさまこんにちは!
久留米の占い師 風がふく代です。



今日からしばらくは
算命学の中の
十大主星についてお話ししていきます。


まずは貫索星から




白色の範囲のどの方向に出るかによっても星の解釈が多少は違ってきます。


この白色の部分は十大主星が入る場所で主に性格を表します。

まずは中央に出てくる意味からはじめますね。


中央に貫索星があると
意志が強く独立心旺盛、
曲がった事が嫌いでまっすぐマイペースな人です。

マイペース人間なので他人の命令に従うのが好きではありません。

それ故か独立して起業されている方が多いようですし、経営者の星とも言われています。


また、心にもない事は言わない寡黙な印象がありますので人間関係も決して器用だとは言えません。

自分の世界を持っていて、土足で入って来られる事を嫌います。

しかし、一旦信用して仲良くなった人とはその友情をいつまでも大切にされます。

ゆっくりマイペースで大器晩成の人です。


その他のキーワードは
頑固、独立独歩、個人、芯の強さなど…



以前に貫索星が5個
その後、4個の方が来られた後
お店の先輩に聞いてみました。


「貫索星は甲(大木)に対応しているから貫索星が沢山あると、どこに根を下ろすか迷っている。」

「木(気)が多いから生きにくい。」
と言われたのが印象に残っています。



貫索星が複数あると
見た感じは柔らかそうですが
自分の考えは譲れない頑固さを持たれ、
外柔内剛なタイプのように思われます。


ちなみに私の中央星も貫索星なのでこれに免じて言いたい放題お許しください爆笑


鑑定ご希望の方はこちら


又はゆめタウン久留米店へお越し下さいダウン



ゆめタウン久留米店メニュー

    2階フードコート近くのエレベーター前で、第2日曜日、第4日曜日と毎週月曜日の11:00〜19:00まで鑑定しています❣️      占術は算命学、手相、タロットです❤️   お待ちしておりますニコニコ

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました