調舒星の性格

算命学
みなさま

こんにちはニコニコ




今日も
算命学の中から
十大主星についてお話ししていきます。



今日は調舒星です。

白色の範囲のどの方向に出るかによっても星の解釈が多少は違ってきます。

この白色の部分は十大主星が入る場所で主に性格を表します。

十大主星は全部で10種類あります。



中央に出て来る星はその人の本質になりますし、

東の星は他人に見せる顔(いわゆる外ヅラ)
西の星は家族に見せる顔(ウチヅラ)を表しています音譜


それでは今日は中央に出てくる調舒星ですニコニコ


調舒星を持つ方は感性が鋭すぎて普通に生きていくようなタイプではありません。

ストイックで感情の起伏も激しく情熱的❤️です。



「白か黒かハッキリして❗️
私にはグレーはないからキラキラ


「なら黒であせる


「黒ね。黒なのね!!
ありえない!
じゃあさよならえー



このように
心から愛している人にでも裏腹な事を言ってみて、
その後、悲劇のヒロインになってひとり涙を流します汗
ちっとも素直じゃないのです。


この星を持っていると
永遠の
思春期の女の子なのです。


繊細なガラスのハートの持ち主でパートナーであってもキチンと理解するのが難しいかと思います。



芸能人ならそれが芸の肥やしになりますが
一般の人は
自分自身と葛藤を続けていく人生になるのでちょっとシンドイですね〜


鳳閣星と同じく伝達本能を持っていて、
鳳閣星は明るく見たものをそのまま表現するのに対して

調舒星は
個人的意見を情緒豊かに表現します。

芸術面や芸能、音楽を通して伝える才能があります。



確かに取り扱いは難しいところはありますが、
反面
別人かと思うほどに純粋な思いを持っていて優しさ思いやりが出てくることがあります。

さらに人間的に成長してくると慈愛の気持ちが強くなり世の中のために生かす事ができます。




その他のキーワードは
反発、反骨精神、空想、ロマンなど…


⬆︎の陽占は
TOKIOの元メンバーの山口達也さんです。

調舒星は複数あるとその意味あいが強くなりますし、
石門星も2つあると頑固になります。
今すごく孤独を感じていると思います。

山口さんの場合は東の禄存星で止まるので社会的に奉仕活動をする事によって道が開けてくると思います。



—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました