水もしたたるいい○○

算命学
こんにちは!
久留米の占い師 風がふく代です。

水もしたたるいい男、いい女
という言葉があります。


今日は
算命学で見る水もしたたるいい男、いい女の紹介をしたいと思います。



算命学では人間の本質を

自然界に存在するものに置き換えます。


全部で10種類あります。

大樹、草花、太陽、灯火、山岳、大地、鋼鉄、宝石、大海、雨露の10種類。


今日は最後で雨露の人です。
癸(きすい)又は(みずのと)と呼びます。



雨露ではわかりにくいので
小川や恵みの雨と表現をさせてもらったりしています。


癸酉、癸未、癸巳、癸卯、癸丑、癸亥の日にお産まれになった方です。


雨露なので
五行では水の気に属します。

水の人は、外見はクールで知的なので冷たい人と見られがちですが、
その内面は慈愛を持った優しさがあり母性愛の強い人です。

冷静なので積極的に行動はしませんが
後からついて行くタイプなので
それが奥ゆかしさに見えて可愛く感じるのかも…と謎は深まりますが、

草花や大地の人同様、理想的な女性のタイプのようです。


男性にしてみても、
大胆さや強靭さはないものの

知的でクールで頭が良く、
淡々と仕事をする人はモテるのではないでしょうか…!?

個人的にはこのタイプの方が好きなので…個人的見解だいぶ入ってます…アセアセ


才能としては人を育て、見守り、導く力があるので
教育関係や
親として子どもを見守り育てる事が幸せだと思えるでしょう。


と言うことで
男女ともにモテるタイプの癸(きすい)さんの紹介でした。


ご自身の主星が知りたくないですか!?
お知りになりたい方はこちらからお願い致します。


—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました