気分次第⁉️ 天報星

算命学
こんにちは、
久留米の占い師 風がふく代です。


今日からしばらくは
十二大従星と言って12種類の星についてまとめていきます。


十二大従星は十二支から導き出されます。


人生の
どの時代にエネルギーが強いのか!?


又は
どのような雰囲気を持っているか!?などを見る事が出来ます。



まずは今日は天報星



十二大従星はブルーの枠の中に入ります。


天報星は

母親の胎内の胎児を表す星なので

エネルギーは弱く
12点中の3点です。


上の図アップアップは中年期に天報星が回って来るので
働き盛りにしては弱いエネルギーとなります。



胎児は日々刻々と変化して形をかえます。
この星を持つ人は

変転変化し多芸多才と言われます。




短期的な集中力はすごくて
夢中になるものが出てくれば

寝食を忘れ没頭します。



でも
長くは続かず

次に会った時には違うものに夢中だったり
ついて行くのが大変ですあせる



胎児なので自分の気持ちに正直なので

その時その場で
言う事が違います。

それは、嘘ではなく
自分の気持ちに無意識にしたがってしまうからのようです。


気持ちが不安定な部分もあり
自分では決められず
そばにいる人に同意してしまうと言う事もありますが、


天然で不思議な感性を持っていますから
可能性に満ちた星でもあるのです。




子供時代の天報星

親離れがしにくいでしょう。



中年期の天報星

大きな変化の可能性もあります。(離婚、転職など)



晩年期の天報星

静かな老後とは無縁
新しい事にチャレンジしたり、
引っ越しなどあるかも。




天報星を持つ私の友人は
言うことがコロコロ変わります。


いまだに、時々とまどいますが、
仕事は変わる事なくしっかり頑張っています。



天報星を持つ彼女は可愛らしく
天然でユニークな人ですドキドキ



< /b>
鑑定はこちらからお願いします。


又はダウンダウンダウン



ラインから
1対1でトーク出来ます。
お友達追加をよろしくお願い致します。

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました