来年の壬寅年はどんな年になるの!?

算命学

こんにちは!!

久留米の占い師 風がふく代です。



来年は寅年ですね。

寅は寅でも正式には「壬寅」の年です。



ここ数年は異常干支が続き、

今年は辛丑の年で、暗くて辛(つら)い年が続きました。



そこで来年はどんな年になるのか!?

気になる人も多いと思います。




算命学では「壬寅」

この2文字からどんな年になるかを予測する事ができます。




では見ていきましょうビックリマークビックリマーク




まず壬(みずのえ)は海や大河を表す大量の水です。



そして、寅は2月、季節で言ったら初春

まだまだ寒いけれど確実に春へと季節は移り変わっていきます。


そして、

時間でいうと明け方の4時前後(3時〜5時)

夜明け前が一番暗く静かな時間になります。




これだけ見ても今が最も暗くて寒くて辛い時期だとわかりますね。





だけど、そう長くは続かないと思います!!

夜明け前なのでもうすぐ日が昇って来るということなのです。



来年の後半には「朝日が昇って来る」という年になると予測することができます…太陽







壬寅は別名

「雪解けの水」「初春の大海」とも言われます。



このことからも春の兆しを感じられるでしょう桜



もうじき外の世界に向かって船出していく時がやってきます。


みなさん!準備は出来ていますか?



諦めず腐らず今のうちに準備を始めてください!!



古い体制は壊れていきますので新しい事に慣れておいてください。




もうすぐ春です桜





とはいえ、壬(みずのえ)は大量の水ですから水に関することには引続き注意が必要になってきます。



水害対策はもちろんのこと

飲料水等にも気をつけておいたほうが良いと思います。

(浄水器をつけるなどの対策)など…




あと、壬は陽の干支です。

陰陽の陽のことです。



算命学では陽の干支の年は国外に変化が出ると考えます。




海外の情報も頻繁にチェックしてトラブルを未然に防いで欲しいと思っています。


特に投資をされている方は注意が必要です。





最後に

余談になりますが岸田首相は壬寅の日が誕生日のようですね。



壬寅の人は大胆な目標を掲げて舵を取っていける人です。




特に来年は首相にとって律音の年となります。

律音の年は大きく飛躍できる分岐点となる年です。



固定概念を捨てて新しい政策にチャレンジしていくことがカギになっていくと思います。



その点では壬寅の人なので大いに期待できるはずですニコニコ



来年は素晴らしい年にしていきましょう!!



 

 



日干や今年、来年の簡単な運勢が知りたい方はこちらからダウンダウンダウンダウンどうぞ〜 
それくらいでしたら無料でみています。
      


 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました