庚子年

算命学


皆さまお久しぶりでございます。


しばらくブログもお休みしていましたが、現在進行中で進化中!?でして
元気にしていますニコニコ


最近気になる事があるので
書いてみたくなりました。


2月4日の立春から
庚子年が始まりましたね。

今年がどんな年になるかは
色々な方が予測されています。


私もお世話になっている占い会社で
昨年末に勉強会に参加して
庚子の年については学んでいました。



庚→鉄の塊→船
子→水(多い)→海


ようするに
この字からは広い海の上の鉄のかたまり
という絵が浮かんでくると言う事です。

なので
庚子→沈没船という風に教わりました。


今年までは異常干支の年でもあるので
このような解釈になると思われます。



もうお気づきだと思いますが

海の上に漂っている船をニュースで見るたびに

年末に先生から教わった庚子の意味を思い出します。


なので

「今年はまごまごしていたら沈没するので
いち早く危険を察知したら逃げて下さい。」
と言う事だそうです。



しかし

今現在ダイヤモンドプリンス号に乗っている方々は逃げる事が出来ません。

本当に悲しい事です汗汗

ウエステルダム号もいまだ行き先が決まらない状況ですね。


実際に沈没するわけではないのですが、
経済的には大打撃を受けています。


新型コロナウイルスが早く収束してくれる事を祈るばかりです。



ただし

子(ねずみ)の意味はねずみ算的に広がるとも
とれますので
やはり自分の身は自分で守りましょう。



反対に良い種をまけば素敵なものが広がっていきますねドキドキ



まとめます。

庚→鉄→そのままでは使えない→使えるように変える

ようするに

自分自身を変化させていきましょうウインク
と言うことです!!


2020年は人は助けてくれないと思った方が良いようです。





ゆめタウン久留米店メニュー

    2階フードコート近くのエレベーター前で、毎週火曜日の11:00〜19:00まで鑑定しています❣️      占術は算命学、手相、タロットです❤️   お待ちしておりますニコニコ

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました