十二大従星の反星

算命学

皆さまこんにちは

久留米の占い師 風がふく代です。

新緑が眩しい季節になってきて

今、見えなかったものが見えて来つつある時期でもあります。

見つかって願いが叶った人は良かったね♡

そうじゃない人も夏至頃には今よりはっきりと見えてくるだろうと思います。

期待しましょう♡

さて、今日のテーマは

十二大従星の反対の星について書いてみたいと思います。

みなさまも、もれなく十二大従星を三つ持っていますね。

初年期、中年期、晩年期の三つの話です。

四柱推命では十二運と言いますね。

天報星からはじまり天馳星までぐるっと1周させますと、胎児からはじまりあの世に帰るまでぐるっと1周したことになります。

私は天将星という王様の星を持っています。

天将星の反対は天報星です。

胎児の星になります。

王様から最も遠い位置にあります。

このように天将星と同時に天報星も一緒に持っていた場合はお互いを引っ張り合って力を発揮しにくくなってきます。

天将星の決断力と天報星の変わり身の速さで本人が葛藤して苦しくなってしまいます。

あっ、私の場合は天報星はないのですが双子座なのでほぼ天報星と言ってもいいと思います汗

話を算命学に戻しますね。

この他に天禄星と天馳星をみてみると

落ち着いている天禄星と忙しく動き回っている天馳星はどうでしょう?

同時に持っていると落ち着いて良いのか忙しく動いたほうが良いのか本人も分からなくなってきます。

もう一ついきますね。

天印星と天堂星を同時に持つとどうでしょう?

天印星は赤ちゃん、天堂星はお年寄りです。

ありのままで愛される天印星。

大人の分別を持って落ち着いて対応する天堂星。

さて、どちらを出していけばよいのでしょうか?混乱してしまいますね。

このように自分の命式の中に反星が同時にある場合は精神的な葛藤があります。

それと同時に反星を持っていなくても

陰転している場合は反対の星の現象が出てくる場合もあります。

天貴星は好奇心旺盛な学問の星なので知識をグングン吸収しますが、学問に興味を示さない人もいます。

反対の天胡星はジッとしていて空想的な夢の星です。

天貴星に、おしゃれな人が多いのはこの反対の天胡星の感性感度の高さが影響しているのだろうと思っているのです。

このように陰転すると真逆が出てしまう現象が面白いのです。

本人は人知れず葛藤を抱えることになりますがそれはそれで良しと思っています。

皆様にも反星現象がみられるはずです。

探してみてください♡

ゆめタウン久留米店は
第1金曜日と第3金曜日に入っています。
変わることもありますので詳しくは下記のオフィシャルラインからのお問い合わせをお願い致します。

友だち追加

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました