六十花甲子 己巳

算命学

いつもありがとうございます。

久留米の占い師 風がふく代です。



今日は六十花甲子の6番目、己巳について書いてみます。



己巳(つちのとみ、きどのみ)



最近は己巳はよく聞くようになったのではないでしょうか?




みんな大好き金運アップの日で、宝くじやお財布を買うと良い日と言われています。






算命学では己巳の己は土のことで、
巳は太陽(巳は蔵干丙)になります。



訳すと夏の大地というような風景になります。

喉がかわきそうです。



この日干支を持つ人は、
繊細で気が弱いかと思えば、開き直りが出来る図太さをあわせ持つ複雑な性格です。


穏やかな人柄に見えますが、内面は頑固でしっかり者です。


庶民的でざっくばらん、面倒見がよく頼りにされます。



風流人で下町のリーダー的な存在です。



運勢も強く、生まれ育ちが悪いと吉で、後に運勢が良くなります。

女性には良いと言われる干支ですが、『倒柱の業』と言われており、男性は生家を出たほうが良いでしょう。


この日干支の生まれは
山本太郎さん、井森美幸さんなどがいらっしゃいます。



今日は己巳の案内でした。

こちらをポチッとすると金運アップするかもよ〜ニコニコ
ダウンダウンダウンダウンダウン押しとき〜

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました