六十花甲子 乙酉

算命学

親愛なる皆さまへ

久留米の占い師 風がふく代です。




何日も空いてしまいすみませんあせる




メルカリ用の気図法、八門法鑑定の資料作りをやっておりました。




対面鑑定では手相を見たりで忙しく、数理法までの鑑定はやっていなかったので、準備ができましたらこちからからご案内させていただきます。



さて、本日は六十花甲子の22番目の乙酉について書いていきます。



乙酉(きのととり、おつぼくのとり)


『おつとり』と言ってもおっとりしている訳ではありませんアセアセ



じっとしているより動いている方が元気です。



乙は植物(木)酉が植物を支えている剣山(金)に例えることができます。

乙酉を絵にするとこんな感じですダウン

秋の生け花



酉を日干支に持つ人はきれいな人が多く、特にこの乙酉の女性はきれいな人が多いと言われています。


美しい人なので周りに対する影響力もあるので内面も磨いて行く必要があります。


気取らない気さくな感じで人から好かれ庶民の中のアイドルのようなイメージです。


じっとしているよりも仲間とともに活動しながら世界を広げていきます。


上流階級や貧困層だと良さが活かされにくく、社会的にはみ出した生き方になりやすいので中流が良いでしょう。


祇王の業と言って結婚にトラブルを抱えやすいので晩婚でも良いです。


○パワフルな活動力
○華があり周囲を魅了
○庶民的な生き方が運を上げる
○裏表なく正直
○晩婚が良い


この日干支生まれの有名人は、
長嶋一茂さん、多部未華子さんらがいらっしゃいます。




参考資料
流派の違いもあるかもだけど、こちらも面白かった下矢印下矢印

出店のご案内です


6月より
佐賀県みやき町
メディカルコミュニティセンター2Fのレンタルスペースにて毎週金曜日に
出店しています。

時間は11:00〜16:00です。
よろしくお願いいたします♡


ゆめタウン店も引続き隔週火曜日に出ています。


ご不明な点はこちらからLINEにて質問をして頂けるとありがたいです。




 



—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました