六十花甲子 乙丑

算命学

みなさまこんにちは!

いつもありがとうございます。



今日は六十花甲子の2番目の乙丑についてです。



乙丑(きのとうし、おつぼくのうし)



乙は花のことです。

丑は冬の寒い土のことです。



このことから冬の花をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

クリスマスローズ



優しくて穏やかなイメージになります。



冬の大地に咲く花とでもいいましょう。


冬は辛抱の時期です。


ゆっくりと時間がかかりますが、コツコツとマイペースで努力して歩んで行きます。


時間がかかります。


表面は穏やかに見えますが、冬の厳しさを知っています。


性格も、見た目は穏やかで静かで優しそうですが、実は頑固で不器用です。


自分の考えをしっかり持っています。


忍耐強く、成功するまでに時間がかかります。大器晩成です。


晩年の運気は名誉運ではなく財運がよろしいようです。


結婚相手で運勢が変わると言われています。


有名人では、菅元総理がこの生まれになります。





鑑定はこちらからお願い致します

日干や今年の全体運が知りたい方は

こちらからどうぞ!



 それくらいでしたら無料ですニコニコ

                   

                     

        @911pnbe

登録されたらスタンプを一つ押して頂くとつながります。



ゆめタウンの鑑定もこちらからスケジュールの確認をお願い致します。

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました