六十花甲子 丁亥

算命学

みなさまこんにちは!

久留米の占い師 風がふく代です。



10年に一度の寒波が来ると言われています。



こちら九州地方でも今日は子どもの高校が休校になっていて明日は午後からの登校となりました。



いよいよ今夜から明日にかけ雪が降ってくるのではないかと思います。




予報ではマイナス4℃まで下がるみたいです。



今日は店頭にいますがやはりお客さんは少ないようなので、Twitterやインスタにも挑戦してカードリーディングをアップしています。



良かったら遊びに行ってください♡




それでも、時間があるのでブログを書くことにしました💧



テーマは算命学の続きで六十花甲子の24番目の丁亥について書いてみたいと思います。




丁亥は(ひのとい、ていかのい)と読みます。




丁は炎を意味し亥は湖をイメージして頂けたら分かりやすいです。




湖の上に炎がのっている形になります。



亥は夜の11時なので夜の湖を思い浮かべてください。



ちょっと怖くないですか?



そうです。



この干支の持ち主は

60干支の中でもNO1の霊感の持ち主です。



占い師の私としてはとても羨ましい干支でもあります。



実際に丁亥の占い師さんは多いようですね。



私がみた丁亥さんはやはりミステリアスな雰囲気を持っていましたが、やはり水の上の炎なので気持ちが安定しなかったり迷いが多かったりする方が多いように感じました。



まだ、若いからかもしれませんが迷いが多いようです。



いづれ「これだ」と決まるとよいのですが…



奉仕精神をお持ちなので看護師をめざされるかたも多いようです。





○不思議な霊力を秘めている

○感情の浮き沈みが大きく揺れやすい

○人々を助ける宗教家や占い師

○ヨガ

○奉仕精神





この日生まれの有名人は

尾崎豊さん、林真理子さんなどです。

それではしっかりと防寒の準備を整えてお過ごしください♡


 

  

  

算命占法はとくに(下)がおすすめです下矢印

 


ゆめタウン久留米店は
第1火曜日と第3火曜日に入っています。
詳しくは下記のオフィシャルラインからのお問い合わせをお願い致します。


友だち追加


 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました