インナーチャイルド癒し中

ブログ
みなさまこんにちは!
久留米の占い師 風がふく代です。


10年ほど前にインナーチャイルドという言葉を知りました。


きっかけは越智啓子先生の本(インナーチャイルドの癒し)でした。


私がスピリチャルを好きになったきっかけの1冊です。


最初に読んだ越智先生の本(人生のしくみ)で人は肉体は死んでも魂は死なないことを知りました。


ずいぶんと心が楽になったのを覚えています。


夢中になって数時間で読んでしまいました。


越智先生の本は楽しくてサラッと読める本が多いから好きです。


それから講演会に行ったりしました。


知りたがりの私は
視える人に過去世をみてもらったり……


レイキを習ったりと楽しいスピリチャルライフを過ごしました。


スピリチュアルを取り入れるようになって私の心はずいぶん癒やされました。


でも、1番の癒しは子育てでした。


インナーチャイルドと言うのは内なる子どものことです。


10年ほど前まで、私のイメージの中の子どものふくちゃんは、無表情で固まっていました。


そんな無表情のチャイルドを抱えた私がまともに子育てなんて出来ないのは想像出来ると思います。


子どものわがままをゆるせない……
自分は泣くこともできなかった……
怖かった……

子ども達が小さい頃は本当にひどい母親だったと思っています。


少しづつ、自分を癒して行きながら
やっと、心から子ども達が可愛いって思えるようになってきました。


時間はかかりますが、末っ子(6年)の頭をなでなでしながら自分のチャイルドも一緒に癒しているわけです。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました