あたりまえなんて…ないのに❗️

ブログ

みなさまこんにちは!


今日はPTAネタです。


昨日は久留米市の家庭教育委員会の会合に出席してきました。


テーマは「お弁当の日の取り組みについて」でした。


私の子どもの学校では6年生になると年3回、子どもがお弁当を作る日があります。


最近では食育が盛んです。


なんの疑問を持つこともなく、食育を大切にする事はあたりまえの事だと考えていました。


でも、これはあたりまえにできることではない事だと分かりました。



市の中心部の大規模校では


お弁当の日にお弁当を持ってこない子がいるそうです。

親はコンビニ弁当も持たせないので先生が多めに作って行くのだそうです。

深夜働いている親もいるので出来ないのでしょう。


子どもの気持ちを考えると切なくなります。


だからお弁当の取り組みなんて出来ないのだそうです。


どこの学校もあたりまえにやっていると思っていました。


子どもがお世話になっている小学校は全校児童79名の小規模校です。


改めて恵まれた環境にあることに気づかせてもらいました。

色々な体験をさせてもらえる事に感謝の気持ちです。


人もいいし、田舎はのんびりしていて良いですよ!


三男作 チャーハン弁当🍱

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました